HOME > 遺産分割

遺産分割

遺産分割とは

相続人が2人以上いる場合(共同相続)に、具体的に相続財産を分けて、各人の財産とすることです。

遺産分割の種類
  • 指定分割
    指定分割とは、遺言書がある場合はその遺言書で指定されたとおりに遺産を分割することをいいます。
  • 協議分割
    協議分割とは、遺言書がない場合は相続人全員の話し合いで遺産を分割することをいいます。合意した内容を遺産分割協議書として残します。
  • 調停分割・審判分割
    調停分割とは、遺産分割協議が調わなければ家庭裁判所に調停を申立て、調停で分割することをいいます。審判分割とは、調停が不調に終わった場合に審判で決定することをいいます。

遺産分割の際の注意点

判子

遺産分割は従来、全ての相続人が集まり相談の上、遺産分割協議書を作る事になっています。

ただ、現在では全国に相続人がちらばってしまったり、その中には外国に行ってしまった人もいたりして全員が集まって話し合うというものは困難になってきています。
そんな時に一人の相続人が遺産分割協議書を作って他の相続人の承認を求めてくる事があります。
これが法定相続分を基に作成されたものであれば全く問題はありませんが、
「相続登記に絶対に必要だから印鑑を押してほしい」
と言われてしまい、内容を見ても全然わからず、めんどくさいから・・・と記載されている内容を確認せず印鑑を押してしまい、後で後悔する事もあるのです。

全ての相続人の署名と捺印がされた遺産分割協議書は、全ての相続人が記載されてある内容に合意したものとして、その内容通りで所有権相続登記が出来ます。
登記をしてくれる司法書士は、全員の記載がされていると思って法務局に提出に行ってくれるのであって、全ての相続人に
「こうなりますので、納得されたのですよね?」
など確認してはくれないのです。

遺産分割協議書の内容を確認しないまま署名、捺印をするのは兄弟間であっても避けていただきたいものです。
遺産分割協議書が作成されたなら、その時に、弁護士などの専門家に相談されその内容をわかりやすく説明してもらい、確認されることをおすすめします。

後で遺産の分配についての異議は認められないので、くれぐれもご注意を

「家の跡取りである兄に頼まれ、相続放棄の書類に印鑑を押させられた。」
こういった話を聞いた方も多いと思います。

これは、相続放棄という家庭裁判所に申請する手続きを除き、簡単に行われてしまう方法です。

実際には相続放棄の書類とは言わず、相続分不存在証明書といいます。

相続分不存在証明書は、元々は生前贈与や、その他の特別受益(嫁入りの時に財産を持たせたなど)がある為、「以前にもう十分貰っている為、今回はゼロで大丈夫」という趣旨の証明書になるのです。

これを一般的に相続放棄の書類と思っている方が殆どです。
この書類に他の相続人の署名捺印を求めるものです。
相続で得た不動産関係を登記する時に結構使用されるのですが、この書類の効果は預貯金や株券など被相続人が残した全ての財産に及ぶのです。
書類に署名、押印した後で気がついても後の祭りです。

こうならないように遺産分割で少しでもおかしいと思うポイントがあれば、お早めに内丸義昭法律事務所までご相談下さい。

お問い合わせ
お気軽にご相談ください

内丸義昭法律事務所

〒160-0022
東京都 新宿区 新宿1丁目13-9
オフィス・パークイン 2F

03-3355-8558